本文へ移動
都留市立中学校ポータルサイト
都留市教育委員会
〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
TEL:0554-43-1111
6
0
0
7
0
1

研修センターブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

22年5月24日 新採用・新赴任教職員研修

2022-06-21

 令和4年5月24日(火) 午後2:00から都留市役所3階大会議室において新採用・新赴任教職員研修を行いました。前半では講義、後半では臨地研修を行いました。

 講義の講師は、都留文科大学の 泉 宜宏 特任教授です。講義題を「子どもたちが暮らし、育っていく地域をどう見るか ~子ども理解を深めるために~ 」として、地域のみとり方、そして子どもたちのための活用の仕方などの講義と、回転落下する紙のおもちゃ作り、おもちゃを使った遊び体験などで、楽しく学ぶ有意義な時間となりました。

 後半は市役所近隣の施設見学です。子どもたちの学習に欠かせない都留市の施設、「まちづくり交流センター」「都留市立図書館」「ミュージアム都留」「商家資料館」などを訪れ、都留の子どもたちの地域教材を知っていただきました。

 終了後のアンケートでは、以下のような回答をいただきました。

・全く知らない地域で、地域を知る第一歩としてよい経験をさせていただいた。

    ・都留にいたことはあったけど、知らない施設があって発見がありました。
    ・他地域の方とも話ができて、よい交流の時間にもなりました。
 新しい先生方には都留の子どもたちのご指導をよろしくお願いいたします。多忙な中でのご参加をありがとうございました。

22年5月17日 二つの新研究委員会発足 外国語・生徒指導

2022-06-21

 5月17日()午後4:00から都留市教育研修センターの二つの新委員会の初会議を開催しました。都留市役所大会議室を二つに区切ってそれぞれでの開催です。

 学校代表各小中学校1名ずつで11名、校長会1名、教頭会1名、計13名が基本のメンバーで、生徒指導研究委員会のメンバー構成となります。外国語教育研究委員会では基本のメンバーに加えて小学校英語専科教員4名が加わり、17名となります。それぞれ、研修センター職員が事務局を担当します。

 初会合では、次のようなことを決定し、新年度が動き始めました。


  〇都留市小・中学校外国語教育研究委員会(英語科並びに外国語活動の充実及び改善を図るための調査・研究など を行います)

   <本年度の主な実施事業>

  • 月1回を基本とする小学校英語専科教員の研究会を開催し、専科教員間の情報交換をしながら指導内容や教材についての知見を共有する。

  • 学期1回(年間3回)の、外国語教育にかかわる全体研究会を開催し、子どもたちが自然に外国語に触れ、小学校外国語活動から外国語科、中学校英語科に一続きで成長していけるよう研究する。

  • 今回の意見から推進していけることを再度検討し、有意義なことを実施していく。

  〇都留市小・中学校生徒指導研究委員会(生徒指導(不登校,問題行動等)の実態調査・分析・研究など を行います)

   <本年度の主な実施事業>

  • 三つの学期末に計3回の研究委員会を開催し、各学期の生徒指導の取組目標を立てて実行し、その成果を次回研究委員会にてに反省する。
  • 学期末の研究委員会ではミニ学習会を開催し、有識者の知見を広く還元していく。
  • 共有が望まれる生徒指導上の事項を研究委員会組織を使って共有していく。

   実動的な研究を目途に、児童・生徒に有意義に還流できる委員会として本年度発足の二つの研究委員会を成長させていきたいです。

22年5月9日 第1回都留市教育研修センター運営委員会

2022-06-21
   都留市教育研修センター運営のために、年間2回の運営委員会を開催します。今回が第1回で年間の運営方針と年間計画の策定、第2回は年度末に年間の反省と申し送りを主に行います。都留市教育研修センター運営委員会設置要綱第2条により,「研修センターの運営について協議し,事業の改善と充実を図る」ことと規定されています。
 今回の運営委員会で目立った変更は、以下の二つの研究委員会の新設です。

   〇都留市小・中学校外国語教育研究委員会

    ※英語科並びに外国語活動の充実及び改善を図るための調査・研究など

   〇都留市小・中学校生徒指導研究委員会

    ※生徒指導(不登校,問題行動等)の実態調査・分析・研究など

 外国語については小学校に限定した委員会がありましたが、小学校から中学校までつながる研究のために再編成しました。また、生徒指導については既存の研究組織を改廃して、より現場に即した実動的な研究体制としました。いずれの委員会も、小中学校のニーズに応じて、学校現場の多忙化解消も十分に視野に入れながら、研修センター相談員が事務局としてサポートしていきます。
 新年度の運営方針は確認・了承がなされました。
 

22年4月7日 令和4年度 関係機関への挨拶まわり開始

2022-06-21
   年度初めに関係機関やお世話になる方々へのあいさつ回りを行いました。実務者が直接顔を合わせて、協力できる分野等を確認します。
 都留市教育研修センターは市内小中学校の児童・生徒が関係する事柄について、小中学校の先生方や保護者、関係機関から相談を受けて一緒に考えたり、逆に当センターで解決できない部分については関係機関に相談したりする中で、得られた情報を相談者に返しています。
 当センター単独でできることには限りがあります。小中学校や保育園などの教育機関、児童相談所や総合教育センターをはじめとする県の機関、健康子育て課をはじめとする市の機関、そして様々な医療機関とも連携しています。

21年5月25日 令和3年度 新採用・新赴任教職員研修会

2021-06-01
   令和2年度末人事異動で都留市の小中学校に採用・赴任された教職員を対象に,2年ぶりにこの研修会を開催しました。
   はじめに,田中教育次長より挨拶をいただき,続いて本センター野木相談員より教育研修センターの事業について説明しました。
   次に,都留文科大学の宮下聡特任教授による「主体的・対話的で深い学び」と「いじめ指導」を演題とした教育講演会を行いました。これら今日的課題について,今後の教育活動にとても役に立つお話を,講師の実践や子どもたちとのエピソードを交えて分かりやすく語ってくださいました。
   その後,まちづくり交流センター・市立図書館・ミュージアム都留・商家資料館を見学しました。
   参加された16名の教職員の皆さんには,抱負や感想を述べた代表の内藤教頭先生(谷二小)の言葉のように,今回の研修を都留市の子どもたちの教育のために生かしていただきたいです。
TOPへ戻る