本文へ移動
都留市立中学校ポータルサイト
都留市教育委員会
〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
TEL:0554-43-1111
5
1
8
8
7
6

研修センターブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

21年5月25日 令和3年度 新採用・新赴任教職員研修会

2021-06-01
   令和2年度末人事異動で都留市の小中学校に採用・赴任された教職員を対象に,2年ぶりにこの研修会を開催しました。
   はじめに,田中教育次長より挨拶をいただき,続いて本センター野木相談員より教育研修センターの事業について説明しました。
   次に,都留文科大学の宮下聡特任教授による「主体的・対話的で深い学び」と「いじめ指導」を演題とした教育講演会を行いました。これら今日的課題について,今後の教育活動にとても役に立つお話を,講師の実践や子どもたちとのエピソードを交えて分かりやすく語ってくださいました。
   その後,まちづくり交流センター・市立図書館・ミュージアム都留・商家資料館を見学しました。
   参加された16名の教職員の皆さんには,抱負や感想を述べた代表の内藤教頭先生(谷二小)の言葉のように,今回の研修を都留市の子どもたちの教育のために生かしていただきたいです。

21年5月18日 令和3年度の社会科見学が始まりました

2021-05-26
   大月都留広域事務組合(まるたの森クリーンセンター)は,コロナ禍ですが見学のガイドラインを設定したり見学の進め方を工夫したりしていただきながら,本年度は年生の見学が実施できることになりました。
   518日に東桂小学校の年生が,都留市で借り上げた2台のバスで行ってきました。
   実際の様子を見ることは子どもたちにとってよい学習の機会になったようです。子どもたちから、
「生ゴミの水をしっかりきることやむだな買い物をしないことが大切だということもよくわかりました。」
「見学でわかったことを家族に話したいと思います。家族でゴミを分けて出すようにします。」
などのコメントをいただいきました。
   市内の4年生はこのまるたの森クリーンセンターなどを学期に,3年生は都留市消防本部・まちづくり交流センター・市立図書館・商家資料館などを2学期に見学する予定です。

21年5月11日 学校訪問がスタートしました

2021-05-13
 本年度の第1回の学校訪問は5月11日の谷村第一小学校から始まりました。新型コロナウイルス感染防止の取組が一層強化されているような印象でした。
 その中でさっそく一年生の授業を見せていただきました。今年度から山梨県では「1年生25人学級」が実施され、都留市では谷一小がその対象になりました。一年生は56人。1クラス18~19人の3クラスです。ゆとりのある教室で楽しそうに授業に参加している子どもたちを見ることができました。個に応じたきめ細かい指導などが期待されます。
 31日までに市内の小中学校を訪問する予定です。学校が抱えるさまざまな課題を共有し解決に向けて取り組んでいきます。

21年5月10日 令和3年度 教育研修センター第1回運営委員会

2021-05-13
 令和3年5月10日(月)、都留市役所大会議室において、令和3年度 都留市教育研修センター第1回運営委員会を開催いたしました。
 本センター所長の上野清教育長から、児童生徒一人一台のタブレット端末の活用などを示したGIGAスクール構想や学校におけるSDGs(持続可能な開発目標)の設定など、教育イノベーションの到来には学校と教育研修センターが連携して取り組んでいく必要があるというお話がありました。
 上野敦彦運営副委員長(市教頭会長)が議事を進める中、本センターからは、昨年度の諸会議・研修や教育支援・相談等の報告を行い、今年度の事業計画について提案いたしました。その事業の中で、新型コロナウイルス感染防止により、本センターが関わる音楽演劇鑑賞会や職場体験学習はすでに中止が決定しています。実施可能な事業に関しては、より一層の充実を図っていきます。

21年3月22日 GIGAスクール構想研修会

2021-03-24

令和2年3月22日(月)、谷村第一小学校会議室において、学校長と教務主任を対象にGIGAスクール構想研修会を開催しました。山梨県教育委員会理事の降籏友宏さんをお招きして、「GIGAスクール構想の実現を前に」と題したご講演をしていただきました。

「これからの社会の更なる情報化(Socity5.0の社会へ)」「学校教育におけるICTを活用した教育の現状」「GIGAスクール構想によるICT環境整備・ITC教育の実践」などについての詳しいお話がありました。

 ICT教育の推進は、県教委と市教委、学校が情報共有を図りながら連携して取り組むことが重要です。そして、学校では「組織的」「計画的」な研修が必要になっていきます。
TOPへ戻る