本文へ移動
都留市立中学校ポータルサイト
都留市教育委員会
〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
TEL:0554-43-1111
5
1
8
8
7
3

研修センターブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2015年4月10日 挨拶まわり

2015-04-10
平成27年度がスタートしました。仕事はじめとして、市内の連携をお願いする関係機関への挨拶まわりをしました。
訪問先は、県教育委員会の出先である富士東部教育事務所、都留児童相談所、市福祉部、都留コスモス教室等です。
これらの関係機関と関わるケースが少ないことを願うばかりです。

 県総合教育センター研究発表大会へ参加(2015.2.24)

2015-02-25
特別講演があり、「いじめ防止対策推進法による保護者、子ども、学校との関係の変容」と題して、大阪大学大学院人間科学研究科教授、小野田正利先生の講演がありました。
 
その中では、
 (1)いじめ対策推進法が成立で、一方が「いじめ」と感じた時点で「いじめ」が成立する。つまり、「いじめる」と「いじめられる」とが、とても流動化しやすくなった。その結果、これまで子ども同士のけんかやいさかいといった発達上の問題も、ある日突然一方の子どもが「いじめ」と言えば、いじめになってします。そして、学校は「 いじめ防止基本方針」に沿って行動しなければならなくなった。
(2)保護者が学校の対応に疑問を感じ、法的に訴える根拠がこの法律でできたので、学校が法化社会にしっかり組み込まれた。したがって、学校はこのような変化を踏まえた対応や対策を考えていく必要がある。
 以上のことがとても印象が残りました。
  社会全体が、訴訟を前提にしなければならない社会が本当に良い方向なかのか考えされられました。
 

禾生地区3校小中連携推進協議会へ出席(2015.2.4)

2015-02-05

 2月4日午後7時から禾生第二小学校で、禾生地区3校小中連携推進協議会が開催されました。この会は、平成22年から3年間県の道徳教育の研究指定の中で発足し、指定終了後も継続して禾生地区の小中学校が地域と連携して道徳教育を充実されていこうと継続しています。
 今年も、年間2回、保護者や地域の協力を得て行われた「あいさつ声かけ運動」、11月に行われた腰塚勇人さんを講師に迎えての「道徳教育講演会」、あいさつ運動を広めるための「あいさつ標語」の取り組みと表彰が実施されました。
 会の中では、地域の民生委員さん、児童委員さん、県教委の指導主事さんから「あいさつの声が広がっている」、「学校を訪問すると子どもたちが気持ちよいあいさつで迎えてくれる。」、「講演会は2時間近くあったが、子どもたちはしっかり話を聞いていた。」など継続の中で、培われた成果が報告された。
 来年度も、継続して学校、家庭、地域が連携して取り組んでいくことが確認され会が終わりました。

ライフスキル教育プログラム学習会(2015.1.8)

2015-01-08
 ライオンズクラブとの共催で、市内中学校の教員を対象としたライフスキルの研修会が開催されました。「いじめ」をはじめとする生徒間のトラブルが問題になっている教育現場の指導に奮闘されている先生方のスキル向上に役立てばと都留市の「ライオンズクラブ」の協力のもと、開催されました。「LIONS QUESTプログラム」指導者を東京から招き、2時間の集中研修会でした。

市演劇鑑賞会(小学校)の開催(2014.10.27)

2014-10-29
演劇鑑賞会が10月23日、24日の両日に渡り、うぐいすホールで開催されました。午前は、小学校低学年向けの「泣いた赤おに」が、午後は中・高学年向けに「走れメロス」が上演されました。この取組は、児童生徒たちの情操教育の一環として、1年交代で市内の小学校と中学校を対象に行っている行事です。今年は、昨年度から各小学校の担当者の先生方と選定作業を行い、上記演題の劇を鑑賞することになりました。
TOPへ戻る